料金の考え方

弁護士と契約するにあたり、かなり重要な要素となるのが、料金の問題です。
料金は、不明瞭であってはならないのですが、弁護士の仕事はやってみなければどれだけの労力や難易度になるかがわかりにくいところがあり、お客様及び弁護士の双方にとって難しい問題となります。

私は質の高い仕事をある程度安く提供できるように心がけています。
しかし、仕事の内容によって料金が高額になることもありうる、というのが実際のところです。

まず、時間給で計算する方法があります。

タイムチャージと言われる方法です。
この方法では、弁護士が動いた時だけ料金が発生しますので、活動実績がない時に支払いを生ずることがない、という点で明瞭です。
しかし活動する際は結果としてある程度の金額になることもあります。
料金の単価は3万円/時間をベースにお客様と相談させていただくことが多くなっております。
ただし、問題の性質により異なる金額となることもあります。

単発の案件であれば従来の第二東京弁護士会が採用していた弁護士報酬基準をお客様に提示し協議のうえで着手金、および成功報酬を定めることもよくあります。

また、毎月ある程度のご相談を必要とされるお客様には顧問契約でパッケージとしてのご契約を提案することもあります。
顧問契約の場合は、各月あたり5万円、10万円、15万円、20万円となっております。

一番大事なことは、弁護士が信頼される仕事を行い、正当で公平な料金をお客さまに提案し、お客様が納得感と安心感を持ってお支払いできることだと思います。
その意味で弁護士は行う仕事についての説明をしっかりと行い、お客様に納得感を得ていただくことが重要であると考えております。

料金については、先ほども申しました通り色々な要素を検討しながらケースバイケースで決定されることになります。

お客様は遠慮なさらずご要望とご意見をお寄せください。
そして、お客様が安心感と満足感を持って私どもと信頼関係を構築していただけるように努力してまいります。