労働法に関する諸問題

会社法案件とともに労働法案件は常時かなりの数の事案を受任しております。会社組織としての適正な労務管理の在り方、問題社員についての処分に関する相談が多いのですが、かなり前から労組ユニオンとの団体交渉案件も増加しております。

労働相談及び労組ユニオン相談は一般論として増加傾向にあることは間違いなさそうです。
働き方改革が提唱されて久しい昨今、企業のコンプライアンス経営のためには、労働法に対し適切に取り組むことが重要であると確信しております。
参考として主な項目を示します。

  • 人事労務問題全般(経営法曹会議会員:吉田良夫)
  • 退職解雇問題、割増賃金問題、労組ユニオン問題
  • 就業規則等社内規定の作成及び既存の規定類のリーガルチェック
  • パワハラ問題、セクハラ問題、社員のうつ病その他のメンタルヘルスに関する問題