[第17号] 重度のねんざで思ったこと

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第17号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2017年1月
────────────────────────────

◆「重度のねんざで思ったこと」

□────────────────────────────□

皆様

2016年が無事に過ぎて、新年の2017年になりました。
お年賀の気持ちも添えてメルマガをお出ししようと思っていたら
あっという間に2017年の1月が下旬になってしまいました。

その間、メールマガジン事務局の方から、「そろそろですよ」
というお知らせもいただき、「早く書こう」と思いながら
お正月休みでゆっくりしたせいか、なかなか身体が動きませんでした。

遅れた理由ではありませんが、なんと、お正月休みに石畳の少しだけ
段差のある通り道を歩行中に大きく転んでしまい、足首が「ねんざ」
となりました。

なんで転んだの?という疑問はさておいて、レントゲンで骨折では
ないとわかって、お医者様から「吉田さんの骨は丈夫なんですね」と
言われました。

どうも見た目は骨折かもという状態だったらしく、骨折ではなくて
ラッキーでした。ただ、靱帯(じんたい)損傷で、靱帯が少しだけ伸びました。

これがスポーツ選手ですと、私程度のねんざでも運動機能に影響が
あるので、手術をして伸びてしまった靱帯を元の長さに戻すそうです。
たぶん、伸びた部分を切除して、それから断絶部分を縫合する
のでしょうね。
…手術は麻酔で痛くないとしても、術後とかリハビリがとても痛く
大変だそうです。

ちなみに、足首の靱帯が伸びるというのは、その関節部分が、常時
伸びた分だけ緩んでいる、ということを意味します。関節が硬いのは
よくないと聞きますから、緩いのは良いではないか、と思いたいのですが
きちんとはまっていない瓶の栓のようなもので(私のイメージです)、
関節が万全の状態ではないため、チカラがはいりにくい、転びやすい
ということだと理解しました。

よく、「ねんざは癖になるときがあるから」というお話も伺います。
これも関節が緩んでしまうからだったのですね。

でも、幸いにして私はスポーツ選手ではありませんし、手術ほどの
けがでなくて「よかった」と思いました。
また、お医者様からは、全治4週間と言われましたが、その後の
回復は非常に順調で、4週間かからないで「治った」と言ってもらえる
ような気がします。

私が心がけていることは、故障部位を動かさない、ということです。

もちろん足首ですから使わないわけにはいきません。
でも、「動かさない」ことを心がけています。
私が思ったことは次のようなことです。

靱帯損傷ですから、靱帯それ自体が部分的に切れて、伸びて、出血して
(実際、内出血がひどい状態でした)、炎症になっているはずです。
ということは、私が意識していないだけで、私の身体の中で
治癒を担当しているいろいろなメンバーが総出動して、損傷部位の
修復活動をしているはずです。
そういうときは、「意識のある自分」が、「意識していない体内の
修復活動」の邪魔をしてはいけないからです。

そのことと関係しているかどうかはわかりませんが、ねんざを
してから数日間はとてもよく寝ました。
睡眠時間が普段よりとても多かったです。
疲れたから転倒して、ねんざでさらに疲れたせいかもしれません。

でも私はそれだけではなく、身体が「治癒作業をするから寝ろ」と
心身に伝えて、心身がそのメッセージを受け入れて、睡眠が
増えたのだろうと思います。

それと、前回のメールマガジンでお伝えした「笑いの効用」も
思い出しました。
自分が書いたことですから、こういうときに自分が活用しようと
思ったわけです。

ちなみに、ねんざをしてから数日間は、歩くときに杖をついていました。
診療機関で杖の使い方を教わり、右足首でしたから、杖は左手で持って
右足と左手杖を一緒に前に出す、といったことです。

そんな状態でも、小声で、
「わっはっは !」
「ハ ハ ハ !」
「ふっふっふ !」
とやっていました(あくまで小声で…)。

数日で杖を使わなくなりましたが、この笑いは今でもやっています。

足首はねんざでも、気分まで「ねんざ」にしてはいけない。
気分は楽しく
「わっはっは !」
「ハ ハ ハ !」
「ふっふっふ !」。

ものごとに動揺しないで、状況とか真の理由を客観的に分析し
大きく・広く・深く考え、気分はいつも明るく・楽しく
「わっはっは !」でいきたいと思っています。

これからも皆様とのご縁を大切にし、読んでいただけるメルマガに
していきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

そして、昨年に引き続き本年もどうかよろしくお願いいたします。
お読みいただきありがとうございました。

 

吉田 良夫

[第16号] 笑いと免疫

—————————————
吉田良夫メールマガジン [16号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年12月
────────────────────────────

◆「笑いと免疫」
◆年末年始の休業日(12月29日~1月9日)について
※事務所は1月4日まで

□────────────────────────────□

皆様

◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇
*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*

Merry Christmas!

*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*◆*
-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-◇-

今年も残りわずかになりました。
肌寒さと街並みの綺麗なイルミネーションは年の瀬と
クリスマスの賑やかさを感じさせてくれます。
ありがたく嬉しい限りです。
そこで、今年も皆様への感謝の気持ちを込めて
クリスマスメールをお送りいたします。

┏◆ 笑いと免疫
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

感謝と喜び、笑顔と笑い。
これらはそれをする人を健康と幸福に導いてくれるありがたい
道案内ですね。

笑うことで心身を健康にする笑いヨガというのがあるのですが、
その書籍とDVDを見ますと、
「笑いは心身の健康に大いに役立つ。笑いはエクササイズです。
楽しくなくても笑ってください。」
とあります。
つまり、心身の不調の時は不機嫌になりがちで、楽しくないかも
しれないけれど、そういう時でもエクササイズだと割り切って
「笑え」と言っています。

それと同じことを私が敬愛する中村天風先生も仰っています。
「とにかく笑え。うそ笑いでもいいから笑え。」

そしてここからは免疫の話で、直接には
「中村天風を学ぶ」
(遠藤靖子 稲松信雄 松本正光著 2015年10月初版 河出書房新社)
の185頁以下 (松本正光氏担当部分)をお読みいただきたいのですが、
笑いが薬よりもはるかに免疫に役立つことがわかりやすく書いてあります。

どんな内容かと言いますと、
ガンのときにガン細胞を直接攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー
細胞)というのがあります。このNK細胞が活動するためには
「活性化」する必要があって、注射でNK細胞を活性化させようと
すると3日かかるけれども、たった5分間の笑いだけでNK細胞が
「活性化する」というものです。
笑いはものすごく貴重なものなのですね。

なお、先ほどの著者である松本正光氏は、天風会の講師をされている
現役の医師で、医学と健康に関する多数の著作をお書きになっています。

また今回のメルマガについては、
「免疫の新常識」(安保徹 著 永岡書店)
126頁以降も参考にしました。安保徹氏は免疫に関する著名な研究者
(医学博士)のようです。安保氏の著作該当箇所にはNK細胞のことを
別名「ニコニコ細胞」と書いてありました。

ともかく、面白くなくても、楽しくなくても、そんなことを
ふきとばすために、笑え、うそ笑い大いに結構だから笑え、
ということのようです。

そして、不思議なことに、うそ笑いをしているうちに、
だんだんと気分が良くなってきて、明るい気分になってきます。
それって、うそ笑いでNK細胞が「活性化」したせいかもしれませんね。
今年最後のメルマガを「笑い」でしめようと思います。

最後になりますが、皆様の健康と幸せが雪のようにますますと
降りそそぐことを深く心に念じ、今年のクリスマスメールといたします。

┏◆ 年末年始の休業日について
┗━━━━━━━━━━━━━━━━

私の仕事納めは、12月28日 夕方の予定ですが、
それ以降も多少の仕事はしますので、ご用のある方はお早めに
お願いできれば幸いです。

仕事始めですが、当事務所は1月5日午前10時から本年の業務を開始します。

ただ私は申し訳ないのですが、1月5日、6日とお休みとさせて
いただきます(すみません)。
そして、今年は1月9日(月)が祝日ですから、実際は1月10日(火曜日)
が仕事始めになりそうです。
お休みをたくさんいただいて恐縮ですが、どうかよろしくお願いいたします。

これからも皆様とのご縁を大切にし、読んでいただけるメルマガに
していきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

来年も引き続きよろしくお願いします。
お読みいただきありがとうございました。

 

吉田 良夫

[第15号] 世の中何があるかわからない~トランプ大統領誕生~

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第15号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年11月
────────────────────────────

世の中何があるかわからない
~トランプ大統領誕生~

□────────────────────────────□

皆様

先月メルマガ14号で、残暑があっという間に秋模様と書きましたが、
今年は秋が短くすぐに晩秋・初冬の装いになってしまいました。
東京の公園でも木々にほんのりと紅葉が見え始め、日が暮れると
クリスマスのイルミネーションの飾りが綺麗に輝いております。
毎日なにかと忙しいと感じることの多い日々ではありますが、
自然が醸し出す「変化」は我々の日常の疲れを癒し、そして力を
与えてくれるすばらしいものだと感じます。
ありがたいことです。

ところで、自然の変化とは異なる人間社会の変化は妙薬になるときもあれば
毒薬になるときもあるかもしれませんね。

アメリカではトランプ氏が下馬評を覆して次期大統領となりました。
このメルマガでは、トランプ勝因とか、日米関係への悪影響とかの
コメントはいたしません。
私はこの問題について研究してきたわけではありませんから。

ただ、私が選挙後にネイティヴの方から英語で聞いたことなのですが、
前回大統領選挙の時とは異なり、今回の選挙では、投票資格のために
顔写真付身分証明書として運転免許証が必要だった、とのことです。
つまり運転免許証をもっていない貧困層は米国民であっても
投票できなかったというわけです。
ちなみにパスポートは非常な低額で取得できるはずで、顔写真付ですから、
そのことも聞いたのですが、パスポートでは投票できなかったとのお話を
伺いました。
ちなみに、ヒスパニック系低所得者層や黒人系低所得者層の中には
実際に運転免許証を持っていない方もいるそうです。

私個人の感覚ですが、投票者制限のようなものを感じてしまい、
アレアレと思った次第です。

ただ私の英語力はお恥ずかしい限りでして、正確に聞き取りができたかは
自信がなく、日本語による選挙解説にも上記のことは書かれていないようです。

もしメルマガ読者の方で実際のことをご存知の方がいらしたら、
事実を教えていただけますと幸いです。

またトランプ大統領の政策による悪影響についても、いろいろ有識者の方々が
見解を述べられています。
少なくとも、第二次世界大戦の戦勝国のなかで最大功績をあげたアメリカによる
パックスアメリカーナが戦後約70年を経てようやく終了し、本当の意味で
第二次世界大戦後の世界システムが「再構築」される時代に入るのかもしれませんね。

そして、あらたな世界システムの再構築が完成するまでは、
「試行錯誤と混乱の時代」になってしまうのはやむを得ないことかもしれません。

でも実際に不幸になってはいけません。
不幸になりそうでも不幸にしてはいけないと思うのです。

そのような観点から、参考になる言葉を思い出しましたのでご紹介します。
文献は、合田周平氏がかかれた 「中村天風と『六然訓』」
(PHP新書 2012年2月29日第一版第一刷)の151頁です。

**********************************************
江戸後期の曹洞宗の禅僧で、すぐれた歌や詞を残した良寛の言葉に、
災難から逃れる妙案として興味ある言葉がある。
現代の「危機管理」の基本な考え方を暗示しているので紹介する。

災難に遇ふ時節には、災難に逢ふがよく候。
死ぬる時節には、しぬるがよく候。
これ災難を、のがるる妙法にて候。

(良寛和尚)
**********************************************

この部分の私なりの解釈は、以下の通りです。

本来はかすり傷とか全治1ヶ月とかの怪我を、自分でジタバタして
致命傷にしないことだ。
本当に死んでしまう事態はめったにあるものではない。
そして本当に死んでしまうときには、それは寿命だから、うけいれるしかない。

慌てないで落ち着いて事に当たれば、怪我はしてもなんとかなることが多いはずだ。
虚心平気、虚心坦懐の気持ちをわすれてはいけない。

私がこの心境まで成長しているというわけではありません。
ただ、お先真っ暗、嫌なことばかりおきるだろうな、という気持ちになるよりは、
良寛和尚の言葉を思い出した方がなにか良いことが起こりそうな気持ちになります。

そんなわけで皆様にご紹介させていただきました。

今回もお読みいただきありがとうございました。
今後、皆様が私に書いてほしいと思うことがあれば是非返信戴ければ幸いです。
今後とも努力いたしますので、次回もどうかよろしくお願いいたします。

 

吉田 良夫

[第14号] 仕事をするとき、させるときの心構え~心身をまもるために~

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第14号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年10月
────────────────────────────

仕事をするとき、させるときの心構え
~心身をまもるために~

□────────────────────────────□

皆様

残暑だなぁと思っていたら、もうすっかり秋模様になりました。
日差しや日没時間などからも秋を感じることができます。
皆様も夏から秋そして冬に向けてのご準備をされていることと思います。

ところで、今月は過重労働とそのダメージについて考えてみたいと思います。

これについては深刻なできごとも報道されており、私も皆様と同じく
どうして悲惨なことがおきてしまったのだろうかという思いを
持っております。
他方で、私は具体的な事実を詳しく把握していない、まさに一人の
マスコミ情報受領者にすぎませんから、憶測に基づく意見は
控えたいと考えています。

ただ、案件についてのコメントではなく、一般論としてであれば
皆様にお伝えしたいことはあります。

私も、企業側代理人として、従業員の方がうつ病で自殺された案件を
経験したことがあります。厳しい経験でした。

まず、長時間労働は身体に過重な負担をかけます。
また、身体の負担により脳内のバランスが不調になり、精神状態が
平常性を失う可能性が高くなります。

ですから、労災認定では長時間労働がうつ病発生の判定の重要な
要素になります。

しかし、私はそれだけではなく、長時間労働をする者が、楽しく、
やりがいをもって仕事ができているか、という要素も極めて
重要な要素だと感じています。
楽しい、やりがいがある、夢中になってしまう、という状態ですと、
ある程度の長時間労働をしてもアドレナリンがでて、心身が負担に
耐えることができる場合もあります。

もっとも、そのような場合であっても、「ある程度」という枠を
超える状態になると、負担は負担ですから、心身に大きなダメージを
与えることになります。
ですから、注意が必要です。

つまり、楽しい、やりがいがある、夢中になるといった状態で仕事をしても
(仕事をさせても)、そういった状態を長く継続することは危険であり、
休息は不可欠なんですね。

一般論ですが、他人からの指示だけではなく自分の判断とか意見も
ある程度取り入れてもらえる状況のときは、アドレナリンが出やすく、
心身もタフな状態になりやすいです。
(でも、やっぱり無理は禁物ということは前述のとおりですが。)

他方で、もしも、嫌々ながら仕事をするという状態ですと、
アドレナリンも出ません。そのため、そのような状態のときは
注意が必要です。
そのうえ、批判され、けなされ、プライドがずたずたになりながら、
という状況であれば、さらに厳しい状態になるはずです。

やはり、長時間労働のときは、(残業代という問題について
今回は省くとして)、本人を含む周囲が心身の安全を強く意識して、
指示をしたり、仕事をすることが大事になります。

そこで、思い出すのが、山本五十六の有名な言葉です。

**********************************************
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

(そして、この言葉には続きがあるそうです。)

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

含蓄のある言葉ですね。
私も肝に銘じ、すこしでも世の中の役に立てるように努力したいと思います。

今回もお読みいただきありがとうございました。
今後、皆様が私に書いてほしいと思うことがあれば是非返信戴ければ幸いです。
今後とも努力いたしますので、次回もどうかよろしくお願いいたします。

 

吉田 良夫

[第13号] 知床で感じた地球環境のこと

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第13号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年9月
────────────────────────────

知床で感じた地球環境のこと

□────────────────────────────□

皆様

毎日、蒸し暑い、と思っていたら、いつの間にか秋の装いになってきました。
日本は四季の変化があっていいですね。

ところで私は8月に北海道の知床に行ってきました。
あいにく台風の影響で雨まじりの旅になりましたが、その後の
北海道は多数の台風に見舞われて大変な状況になってしまいました。
私は実はかなりラッキーな天気だったというわけです。

これまでは北海道は台風が来ない地域だったようです。
そのため暴風雨対策、とくに治水対策はあまりとっていなかったようです。
でもそれは当然のことです。
お金と時間は必要性の強い分野に投入するものだからです。

それが今年は多数の台風、それも大型台風が、今まで台風対策を
取る必要のなかった北海道を直撃しました。
多数の家屋の浸水や収穫直前の農作物が水浸しでダメになった様子を
ニュースなどで見聞きしました。
地元の方のショックと受けた被害の大きさを思うと心が痛みます。
もしかしたら、今後は北海道でも台風大雨対策を政策課題にする
必要があるかもしれませんね。

また、地球温暖化の傾向のなかで、台風も巨大化(強大化)すると
いうことを聴いたことがあります。
地球規模の変化の中で、台風コース(通路)が変化することは
十分ありえます。これまで対策が不要だった地域でも、現実と将来を
冷静に見据えて、必要な対策であれば勇気をもって資金投入し
対策を断行するということが必要かもしれませんね。

また、今回の旅行で教えてもらった衝撃のお話もご紹介します。

知床の冬の流氷は有名ですが、その流氷はだんだんと少なくなって
きているそうです。
そして、専門家は、2020年ころには知床でも流氷を見ることが
できなくなる、と言っているそうです。
流氷は一度見ておきたいので、2020年までに行かないと、などと
考えながら、これまで在ったものがなくなる(見ることができな
くなる)というのは寂しいことだと思いました。

南極の氷が温暖化のために、どんどんと溶けているという話しも
聴いていますし、地球の環境変化は東京に住んでいる私の知らない
ところで、急速に進んでいるようです。

また、今回の旅行では、野生のヒグマの親子が海辺(川辺でも
ありました)を歩いていて、親ヒグマが大きなニジマスを口に
くわえている様子も見ることができました。
幸い遠くで見ましたので、親ヒグマの子どもへの愛情と、子ども
ヒグマが親に甘えている様子を、安心して見ることができました。

地球は人間だけのものではありません。
生きとし生けるものがみんな地球で生きている、地球の環境の
中で活かされながら、各々の命を生きている、そんなことを
実感できました。

我々は1人1人では地球環境に対して大きなことはできませんが、
それでも1人1人がそういうものを守ろうという意識を持てば、
地球環境と我々人間を含むすべての生物のためになる大きな
力になるのではないか。

そんなことを感じた数日でした。

今回もお読みいただきありがとうございました。
今後、皆様が私に書いてほしいと思うことがあれば是非返信戴ければ幸いです。
今後とも努力いたしますので、次回もどうかよろしくお願いいたします。

 

吉田 良夫

[第12号] オリンピックの感動

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第12号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年8月
────────────────────────────

オリンピックの感動

□────────────────────────────□

皆様

今年はオリンピック・パラリンピック・イヤーです。

リオは日本と時差12時間ですが、興味のある種目については夜遅く(朝方)
まで楽しんだ方も少なからずいらっしゃったのではないかと思います。

今回のオリンピックについては、低予算、強盗被害(治安問題)、ジオ熱
といった問題が指摘されておりましたが、それでも、アスリートは
全身全霊を込めて必死になって競技に集中し、全世界に感動のドラマを
見せてくれました。

ところで、この原稿はまだ開催中に作成しておりますので、
各国の最終的なメダル獲得数はわかりませんが、日本は順調にメダルを
獲得しているようです。

もしかしたら、ブラジルには日系人が多数暮らしていて、日本に対し
好意的な雰囲気があって、それで会場内で日本人選手が力を発揮しやすく
なったのかもしれません。

また、ブラジルでは柔道から推移した柔術が独自の発達を遂げて(例えば
グレイシー柔術)、武道精神に深い理解を示す人が多くいるようです。
そういう文化的土壌が無意識的に日本人に対し友好的な応接をして
くれたのではないかというのが私の見方です。

これが反日感情の強い開催地だと、会場で日本人選手に対しあからさまな
敵対心を示すでしょうし、出場選手はそのことをわかっていても(覚悟
していても)、やはり余分なプレッシャーがかかってしまいますから、
どうしても不利になります。
今回はそのようなネガティブ要因がなかったのではないかという気がしております。

また、出場選手について、初出場の選手より2回目、3回目の選手の方が
本来の自力を発揮しやすいという話しを聞いたことがあります。
「場慣れ」ですね。

もちろん、初出場で大活躍のアスリートも多く出ており、「場慣れ」だけでは
ないということはわかっております。

ですが、激しい国内予選をくぐり抜け、1度ならず2度、3度とオリンピックに
出てくるアスリートはやはり「すごい!」。

そして、1度目のオリンピックでわかった自分の改善点を克服し、2度目、3度目の
オリンピックでより成長した自分を見せる、そのことがより高い順位につながり、
メダルにつながるのではないかと思いました。

でも、そんなことはどうでもいい。
純粋に鍛えに鍛えたアスリートの本当に全身全霊を込めた競技に、
ただただ無心に感動し、「すばらしい」と思えるだけでも、幸せです。

そして、4年後は東京でオリンピックです。

今から、本当に楽しみです。

今回もお読みいただきありがとうございました。
今後、皆様が私に書いてほしいと思うことがあれば是非返信戴ければ幸いです。
今後とも努力いたしますので、次回もどうかよろしくお願いいたします。

 

吉田 良夫

[第11号] Brexit(イギリスのEU離脱)について

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第11号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年7月
────────────────────────────

Brexit(イギリスのEU離脱)について

□────────────────────────────□

皆様

このメルマガを書いているときは、気温も高くなく梅雨真っ盛りという状態です。
ですが配信時には気温がぐんと上がって真夏日になっているかもしれません。
とくに今年は高温になるという厳しい予想が出ていますから、
皆様も体調管理に気を配られるなどしてご自愛ください。

皆様は Brexit という言葉をご存じでしょうか。
イギリスがEUを離脱することという意味だそうで、最近できたばかりの言葉です。

このイギリスのEU離脱は、社会経済にとってショッキングな出来事に
なったようです。
ではなぜ社会や経済はショックを感じるのでしょうか?

第二次世界大戦後のヨーロッパ体制が崩壊に向かう、世界同時株安・
為替大波乱・世界同時不況の始まり、といった声が聞こえます。

でも、世界経済の素人の私には、ショッキングの真相が違うように思えました。

真相は、国民投票を実施したキャメロン首相も、(推測ですが)
投票したイギリス国民(の多く)も、他の諸国の政治経済に関わる
キーマンたちも、ほとんどが、EU離脱の結果にはならない、と
思い込んでいたからではないでしょうか。
もし離脱もありうるという予想をしていたら、株価と為替はあれほど
急落急変しなかったはずです。
つまり、離脱は予想外だったということです。

「予想」と違う結果が出たので慌ててしまい、冷静な思考ができなくなり、
頭と心が混乱して、「ショッキング」という感覚になったのだろうと思います。

でも結果が出た以上はひっくり返らないので、イギリス国民も
他の諸国もそれに従うしかありませんね。

ところで、イギリスはジェームズボンドを輩出したように世界トップクラスの
諜報機関(諜報組織)を持っているわけで、イギリスは大英帝国領域外の
ヨーロッパ領域でかなり諜報活動をしやすかったのではないでしょうか
(私の根拠のない推測ですが)。

そして、イギリス以外のヨーロッパ諸国もテロ対策情報とかリスク情報に
ついてイギリスと情報共有をしやすかったと思うのです。

今回のEU離脱で、イギリス連邦とEU諸国はいろいろなネットワークが
脆弱化するでしょうから、当然に両者の対テロネットワークも、
国民投票前よりは弱くなるかもしれません。

でも、離脱派を支えた中高年は違う論点で離脱を求めたという話も聞きます。
イギリスは税金が高い代わりに、医療や福祉についての支払額が非常に低額
だそうです。
しかし、大量の移民が「割り込む」ことで国民1人あたりの医療と福祉の
実質サービス力が低下した。今後もっと低下する。そうすると、
これから医療と介護を必要とする中高年にとっては、「自分たちの医療と
介護が不十分になる。それは移民のせいだ。離脱だ。」という危機感が
あったらしいのです。

また、チョコレートを例にすると、EUでは厳格なチョコレート基準が存在し
(どうもそれはゴディバがあるベルギーの基準らしいのですが、詳細を
確認しないで書いています)、イギリスで作るチョコレートは
EUチョコレート基準を満たさないものが結構あって、
イギリス国内のチョコレート産業に従事する人の間では「面白くない」
という不満があったという話も聞きました。
要はEU統一基準に対する不満も離脱票に流れた要因らしいということです。

そして今回の国民投票になったわけです。
国民投票では各人がどの論点を重視して投票するかはすべて投票権者の自由です。

自分の価値観に基づいて、または自分が大事だと思う利益のために
投票することができますし、その集積で結論が決まります。
それは国民投票のメリットであり特徴です。

他方で、投票する者が極めて多数になりますから、どうしても投票者は、
「国家百年の大計を立てる」とか、「国際政治、国際経済の観点からの
国家の維持発展」というグローバルな視点を欠く可能性があります。

EU離脱に投票したけれども、やっぱり離脱しない方がよかったかも、
と思い始めている人もいるかもしれません。

ですが、イギリス連邦は離脱に向けて舵を切りましたから、
我々はEU離脱に心を乱されずに、各人が各々の持ち場で
その責務と仕事を果たすことで、明るい力強い社会にしていくことが
大事だと思いました。

今回もお読みいただきありがとうございました。
今後、皆様が私に書いてほしいと思うことがあれば是非返信戴ければ幸いです。
今後とも努力いたしますので、次回もどうかよろしくお願いいたします。

 

吉田 良夫

 

[第10号] メルマガ発刊1年を振り返って

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第10号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年6月
────────────────────────────

メルマガ発刊1年を振り返って

□────────────────────────────□

皆様

すっかり梅雨入りしておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

このメルマガも昨年2015年6月22日のご挨拶メール0号から始まり、
翌7月の第1号からこの第10号まで1年の間にわたり続けることができました。
これもひとえにお読みいただく皆様のおかげです。
深く感謝いたします。

私はこのメルマガで、私の基本的な考え方や感覚を、
皆様に堅苦しくなくお伝えしたいと思っております。

誰でも自分の大事な問題を人に相談するときには、
単にその人に知識がありそうだとか、なにやら肩書きがある
そうだというだけでは足が向きません(とはいえ、
私に肩書きがあるわけではないのですが…)。

私も、人に相談するときは、その人がどんな考え方をする人か、
そもそもどんな人か、ということをとても大事にしています。

そのような観点から、私の基本的な考え方や感覚をお伝えできるものは
ないだろうかと考えメルマガを思いつきました。

また、せっかく法律にどっぷりとつかっているのですから、
私がお伝えできる能力と力量のなかで、ことがらの本質的なところを、
なるべく柔らかな表現で、皆様に感覚的に感得していただけるようなものを
提供できないものかと考えました。

法律と判決はたくさんあります。
しかも、あちらとこちらでまるで違う、と思えることもあります。
そうすると、難しい、わからない、という気持ちになりがちです。

ですが、本質的なところがわかりますと、あちらとこちらの違いが
理解できるようになります。
細かいことも、「なるほど。そういうことか。」という感じで
理解できるようになります。

私も仕事の年数はそれなりになってきましたが、
ことがらの本質的理解については、まだまだ修行中の身です。
とはいえ、せっかくこのようなことを思いついたのですから、
やってみようと思った次第です。

皆様がパソコンやスマートホンの画面で、さらっと目を通すことができて、
なんとなく頭の片隅で覚えていただきながら、必要なときにお役に
立てるような内容にできたら、いいなぁ、と思っております。

ときどき、メルマガをお読みいただいている方から、メルマガへの
励ましをいただくこともあります。大変にありがたく、うれしく思います。

ただ、「良いものをお出ししよう」と意気込むと、気持ちが空回りして、
かえって書けなくなります。
あまり意気込みしないで、虚心坦懐でこれからも努力していきたいと思います。

ご参考までにこれまでのメルマガ各号の内容一言をまとめて記載します。
もし過去発刊分のメルマガについて興味があるという方がおられましたら、
このメルマガアドレスにお問い合わせください。PDFでご送付いたします。

▼これまでのメルマガ内容▼
┌───────────────────────────────
第0号 2015年6月22日 ご挨拶

┌───────────────────────────────
第1号 2015年7月13日 中村天風先生の命のお話
法律コラム ~契約と契約書の関係

┌───────────────────────────────
第2号 2015年8月3日 ぜひ推薦したいテレビ番組
(テレビ体操のすばらしさ)
法律コラム ~判例は変わる
「サッカーボール訴訟」
・事案の概要と問題の前提事情
・最高裁判決の理由部分

┌───────────────────────────────
第3号 2015年9月14日 生き延びてきたホモ・サピエンスと言葉の力
法律コラム ~交渉ノウハウ~

┌───────────────────────────────
第4号 2015年11月4日 法律コラム
~ AV出演拒否違約金判決について ~

┌───────────────────────────────
第5号 2015年12月8日 法律コラム
~ 元アイドル交際禁止条項違反で賠償金の
判決について

┌───────────────────────────────
第6号 2016年1月25日 ヘルス情報
~腹筋運動が危ない! 最近のニュースより
法律コラム ~追記報告~
元アイドル交際禁止 東京地裁が請求棄却(別判決)

┌───────────────────────────────
第7号 2016年3月1日 ホウレンソウの効用と注意点

┌───────────────────────────────
第8号 2016年4月18日 平成28年熊本地震について

┌───────────────────────────────
第9号 2016年5月9日 ニコニコ円満相続のために
(泥沼争族にならないために)

今回もお読みいただきありがとうございました。
今後、皆様が私に書いてほしいと思うことがあれば是非返信戴ければ幸いです。
今後とも努力いたしますので、次回もどうかよろしくお願いいたします。

吉田 良夫

[第9号] ニコニコ円満相続のために(泥沼争族にならないために)

—————————————
吉田良夫メールマガジン [第9号]
========================================

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年5月
────────────────────────────

ニコニコ円満相続のために(泥沼争族にならないために)

□────────────────────────────□

皆様

皆様のゴールデンウィークはどのようにお過ごしされたでしょうか。

私はGW直前の4月28日(木)の午後から風邪症状が出始め、
それがけっこう本格的な風邪になってしまい、翌日の29日からGWを
ほとんど風邪の回復にあてるという有様でした。
そのおかげで、風邪を引かないで自分の思うとおりに動けるということが、
いかにありがたい(有り難い)ことかを再認識できました。
まさに健康のありがたさを実感いたしました。

また、結構な風邪症状になってしまい、まともに動けなかったので、
どうして風邪を引いたのかを手帳を見ながら考えてみました。
そうすると、どうも1ヶ月前くらいから、「風邪気味、注意」とか、
「疲れがたまりかけているから注意」といった書き込みがありまして、
疲れと少しの風邪症状が積もり積もって、GW直前に「発症」と
なったようです。
結果には必ず原因ありというわけでした。

皆様も疲れを感じたときは、普段より少し多めに休養をお取りいただき、
風邪などお召しにならないようにされてください。

* * *

さて、今回は相続と遺言状について少しお話をさせてください。

私は、いつ頃からか、常に相続と遺言状の案件を扱うようになりました。
今現在も、数件、ご対応しております。

もしかしたら、私が事業承継と経営権問題を多く扱っているので、
それに近接する分野ということで相続と遺言状のご依頼がだんだんと
増えてきたのかもしれません。

相続は不思議なものです。
笑顔ニコニコ円満相続(遺産分割)もあれば、骨肉の争いを意味する
「争族(そうぞく)」になることも少なくありません。

特に、家督相続的発想で遺産分割をするときとか、親が事業を営んで
いて子息子女が事業承継として相続を考えるときなどは、
相続人間の基本的な前提が違うために争族になりやすい(ドロドロ
案件になりやすい)です。

また、相続人の誰かが返済困難な多額の借金を抱えているときも、
遺産の配分を巡り争族になりやすいです。

それだけでなく、まさに人間の業のようなものでしょうか、
経済的・社会的地位がある方同士でも、兄弟姉妹間や親子間の
「仲の悪さ」が主因で争族になることもあります。

そして、これらの争族になりやすい事情があるときに、親が
遺言状を残さずに死亡すると大変です。

遺産の配分は、遺言状がないときは、相続人間の協議(遺産分割協議)
か、調停(裁判所での相続人全員の合意)か、審判(裁判所が下す判断)
で決めることになります。
スムーズな遺産分割協議で決まらないと、「争族に向けて一直線」に
なりやすいです。

ちなみに相続税が発生する事案でも、税金は納期限を待ってくれません。
納期限経過後は所定の税率に従い延滞税が付加されます。
ですから相続税を支払う案件で争族になると税金の支払いも大変です。

特に家業で事業を営んでいるケースで争族になってしまい、
株が仲の悪い兄弟姉妹間で分散してしまうと、そこに会社法に詳しい者
(大抵は弁護士ですが、弁護士資格のないコンサルタントの場合も
あります)が経営権奪取や金銭獲得目的で経営者ではない相続人に
アドバイスをするといった事態もないとはいえません。

残念ながら、中小企業は厳密な意味で会社法の法規を遵守しきれて
いないことが多く、いちゃもんのタネはいっぱいあることが普通です。
そうなると経営基盤が盤石ではない中小企業にとっては大きな混乱に
なりかねません。

このようなドロドロ劇を避けるためには、言われ尽くされていること
ではありますが、遺言状の作成が大事になります。

ただ、自分で書いただけの自筆証書遺言ですと、それは無効だと言って
有効性を争ったり、それとは違う自筆証書遺言(年配の弁護士で
「あり得ない証拠」のことを「お化け」という方もいましたが…)
が出て来たりという事案もあります。

恋愛感情が憎悪感情になって残虐な殺人をすることもあるのが人間ですから、
何が起きるかわかったものではありません。
ですから単に自筆証書遺言があるからといって安心できません。

やはり、ごたごたは人生の不幸ですから、親の責務として、
親自身が健在なうちに、円満な遺産分割のために、公証人による
公正証書遺言で遺産の配分を定めておくことが望ましいと思います。

さらに、公正証書遺言では、付言事項という欄で自分が言い残して
おきたいことを明記することもできます。
親としての「愛情と思い」を公正証書という厳格な書式で明記して、
「くれぐれも争族になるなよ」と伝えることも大事ではないかと思います。

今回は、風邪を引いたこともあり休養のGWとなりました。

そこで、休養しながら、疲弊と苦悩の争族はなしにして、
親子兄弟姉妹のニコニコ円満相続になるための基本的なことをおさらいしました。

今回もお読みいただきありがとうございました。
次回もどうかよろしくお願いいたします。

 

吉田 良夫

[第8号] 平成28年熊本地震について

□────────────────────────────□
今月のメルマガ              2016年4月
────────────────────────────
●平成28年熊本地震について
□────────────────────────────□

皆様

こんにちは。
メルマガ第8号です。
今回は、平成28年4月14日に発生した「平成28年熊本地震」を
取り上げることといたします。
4月14日の地震は前震であったようです。
そして、16日午前1時25分の地震が本震と報道されております。
東日本大震災のときは、被害者の方々の大きな不幸と被災地の
惨状を見て、心が痛みました。
東京は震度5強でした。震度6以上のところより軽いはずなのに、
本当に大揺れを感じ、驚愕しました。
また、東京も多数の余震が続き、私は揺れていない時でも揺れて
いるような感覚になっておりました。
そのとき、東北や東関東の方々は本当につらい思いをされている
だろうなと思いました。

今回の熊本地震も大変な大災害です。
今の時点で多数の方の被害が報道されており、被害情報は
今後も拡大するかも知れません。
尊いお命も多数失われました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
また、被災に遭われた皆様のことを思うとき、少しでも早い心身の
ご回復を祈念する次第です。
現時点では、各々ができる範囲で資金と物資の支援をすることが
大事だと思います。
皆様もご存じかもしれませんが、寄付の情報として以下を記します。
私も寄付をいたしました。
支援は早急の支援と継続的な支援の両方が必要です。

日本赤十字社の義捐金: http://www.jrc.or.jp/contribute/help/28/
熊本県庁による義捐金募集: http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html?type=top

そして、復興のためには、各人がいつも通りの経済活動と社会活動
を継続することが大事です。東日本大震災の復旧のときも、
イベントや会合の自粛よりも、安全が確保されるのであれば自粛
しないで実行することが効果的だと言われました。

また、被災地に行かなくても支援できるやり方があります。
それは被災地のモノを購入する(それにお金を使う)ということです。
各人にとって小さな購買でも多くの人が行えば強い力になります。
被災地地方のモノにお金を使う。
そのような支援のやり方もあるように思います。

ところで、大震災ということで、東南海地震、南海トラフ地震、
首都圏直下型大地震、富士山大噴火といった将来の大災害に
ついての情報を見聞きして、精神に負担を感じる人もいらっ
しゃるかもしれません。
しかし、将来の地震災害のことは、今の時点では国家と専門家に
委ね、我々は不安を増大させないことが大事だと思います。
特に実際に被災に遭われた方は、少しでも早く心身のご回復を
されることが第一です。

他方で、幸いにして災害を免れている者は、東日本大震災の復旧も
まだ終わっていない段階で今回の熊本地震が発生したという事実を
直視し、現在の災害の復旧支援とともに、将来に向けてのより強固な
防災対策を政策として要求し、その対策実施を支持し、協力する
ことが大事になると思います。
防災対策は日本の大きな課題であります。

今回のメルマガのテーマについては、私が特に詳しいという訳では
ありません。
しかし、何か少しでもお役に立てることがないかという気持ちで、
このような内容になりました。
今回もお読みいただきありがとうございました。
次回もどうかよろしくお願いいたします。

吉田 良夫